この作品の最大のテーマは「萌えへの皮肉」です。

わかりやすくく言えば、悪い言い方ですが「お前らこういうのが好きなんだろ?」という
わざとらしい萌え、といえばいいでしょうか。

世の中にはびこる「とりあえず美少女出しとけ」という風潮や
女の子描いとけば人気が出る、というのが個人的にどうもひっかかるので
あえてその道を行ってやろう、というひねくれた意識です。


この作品が生まれるきっかけになったキャラクター、きつねさん。
彼女はもともと、キャラエディットができるとあるゲームで作ったキャラでした。

ある日夢の中で、彼女ともう一人、作った覚えのないキャラクターが出てくるゲームを見たのが
この企画をはじめるきっかけだったかと覚えています。

もちろんエディットしたキャラをそのまま使うわけにもいかないため、自分の絵に落とし込んだのが
今公開している姿のきつねさん・・・となります。

ちなみに夢の中に出てきたもう一人は、今はおいぬさまと呼んでいるあの子です。


自分としては萌え要素が強い作品になりそうだったので、かねてより必要としていた
「かいぞーき!!の世界とは別の世界のお話」として、他とは毛色の違う作品を作ろう、と思い
きつねのよめいり!はゲーム風の雰囲気を意識しています。
主人公の一人称視点で進むだとか、トップページだとか。
キャラクターの名前を変えられる、というのは最大のゲームっぽい要素でしょうか。

「ゲーム風の萌えへの皮肉を含んだ作品」というのが企画の趣旨になりますが
作品の中身のテーマは「日常もの」です。
群像劇ではなく、バトルが入るわけでもなく、アクションもなし。

かつ、サブカル系で好まれる(?)シリアスや鬱展開はなし、というのも目標です。

そして、作品のテーマは「名前」。
昨今騒がれるキラキラネーム問題など、「名前をつける」とはどういうことなのかを
考えて・・・いくわけねーだろ!!堅苦しいわ!



もどる