アカサカさん向け
戦乙女シェイドの設定集イラスト編


前から。
キットのディティール一部省略してます。
作品を基に描いてるので、実際はもう少し頭身高めなイメージ持ってます。

白いパーツは、ピンクがかってるとこが布地のイメージ。
公式の世界観でも結構あいまいな部分なので、イメージにお任せします。


リボンは足のところに金の縁取りがされています。


胸のデザインはこういうのを想定しました。



バイザーを装着した時のイメージ。




活躍(日常?)イメージ。
ガーゴリオンは人語を喋る剣です。浮きます。
わがままなガーゴリオンと、それを上回るわがままなシェイド、みたいな。

シェイド・キャラ設定


失踪した父の手がかりを探しながらスダドアカワールドを旅する女戦士。
気ままで自己中心的。鎖剣と身のこなしを活かして、大の大人でも
敵わないほどの実力を持つ。女の武器を最大限活かすタイプ。
探している父は天宮から渡ってきた武者で、リボンにしている布は父のマントから
作り出したもの。
シオン達の仲間として、「双魂の騎士シェイド」を名乗るのはまだ先の話。

ガーゴリオン・キャラ設定

元はシェイドの父が使っていた剣で、魔界で作られた魔剣。
意思を持ち、生意気なチンピラ風の人格。
不純な魔物の力を好んで吸う、「偏食の魔剣」で、
パワーを開放することで本来の姿となる。

写真編へ