「節分なのですよ」

「太巻きとマメを食べるわけですか・・・」

「さっそく下ネタじゃねぇかぁあ!!」

「何をいってるのですか。ただの食欲なのですよ」

「さては何かイヤラシイことでも考えてたですね?」

「なっ・・・!?っちょ!?」


「みんなに言いふらしてしまうのです〜」




数分後

っの腐女子がぁーー!!どこ行きやがったぁあー!!


別の場所

「キョージュに一泡吹かせられたのですよ。
       礼を言うのですおじょーちゃん♪」

「ふひひ・・・ウマいこといったのだわね」

「ああいうタイプの取り乱した姿は最高なのだわっ!」