「今気付いたんだけどさ。アイル」

「どうかしたの?」

「考えてみれば僕らって6年間全く絡んでないよね!!

「ああああ!!ほんとだ!初めて本格的な会話だよね!!これ!!」

「あ、いや、舞台裏じゃ会話あるけどね?」

「考えてみれば本編で全くといっていいほど絡まないよね。」

「だねー。特に理由は無いんだろうけど。」

「なんか、方向性が似てるから絡めづらいらしいよ僕ら。
       口調が唯一似てるし。」

「でも、この二人↓もたまにどっちがどっちやらになることはあるらしいけどね。」

        

「さらにぼくが入るとさらにわけがわからなくなったりね!」

「試しにアイコン消してみたけど・・・」

「うっわ・・・ほんとに誰が誰やらだね・・・文字だけだと。」

「・・・あれ?今のってシャウト・・・だよね?」

「え?ぼくはなにも言ってないよ?」

「え?今のカイゾー?」

「いやいや、僕は一人称が漢字のほうで・・・」

「実はこっそりまぎれてたりして♪」